ブラック企業について私が考えていることの詳細

> ブラック企業について私が考えていること

ブラック企業について私が考えていること

"就職活動の時期になるとよく出てくる言葉がブラック企業と言う言葉です。残業代を支払わない、休日も出勤しなければならない、福利厚生ができていない等挙げればきりがございません。
しかし、私にとって見れば就職活動をしている学生達は、ブラック企業に対して少し過敏になっているかと思います。そして私はブラック企業には利点もあるかと思います。そこで今回、私の考えを記述致します。あくまでも私見となりますので御了承いただければと思います。

まず、就職活動の学生がよく言われる休日はとれるのかと言う言葉ですが、私にとってみれば甘えたことを言っているんじゃないと言いたくなります。仕事を行っている以上お客さんが存在しますので、休日であろうとお客さんから呼ばれることがあれば行くのが基本です。それが嫌ではブラック企業云々言う前に会社では働けません。

また、仕事が多くていつも終電ばかりで、自分が勤めている会社はブラック企業だと言っている方も新卒から若手の方の中に目にします。それは全く持ってお話になりません。
仕事が終わらないのは、終わるように努力をしていないからです。例えばこの仕事が終わるようにどのようにすれば良いか、または時間管理はどうすれば良いかなどを考えたことはございますか。
私も一時期、仕事が終わらず終電で帰宅していましたが、時間管理や自身の行動を見返すことによって、毎日18時から19時には帰宅できるようになりました。

このように自身の管理がなっていない場合もございますので、まずは自身の行動から改めてみる方がよいでしょう。"